刊行物

  • 精神障害者に対する援助・支援研修課題ガイドライン
  • 「精神障害者に対する援助•支援研修課題ガイドライン」目次
    はじめに ガイドラインの目的と構成
    第一部 気づき
    1.ICFの視座 (1)「ICF」と「ICD」
    (2)相互作用
    (3)「活動と参加」の頻度と質
    2.合理的配慮の不在 (1)障害者の定義
    (2)インクルーシブとアクセシビリティ
    (3)合理的配慮がないことは差別
    3.精神福祉への展望 (1)「精神医療•精神保健」と「精神福祉」
    (2)多様性の尊重
    (3)現代血縁家族の限界
    〜 「気づき」を基盤とする「チャレンジ」 〜
    第二部 チャレンジ
    1.長期入院者の課題 (1)「活動と参加」の阻害要因
    (2)環境因子としての合理的配慮
    (3)精神福祉から見た長期入院
    2.精神障害犯罪者の課題 (1)相互作用の阻害要因
    (2) 環境因子としての法制度
    (3)「犯罪」と人権感覚
    3.世界の動向 (1)パラダイムシフト
    (2)ヒアリングヴォイシズ
    (3)QOL
    おわりに ガイドラインの構造